自律と自立を育むシンガポールの学習塾
学習塾KOMABAシンガポール
平日 13:00-22:30 土 9:30-19:00 日休

総合学習「日本の祭り」について

あけましておめでとうございます!

新年1回目のブログは私永渕が担当いたします。

新年1回目と言っても、内容は11月末に実施した総合学習についてです・・・。

遅れてしまい大変申し訳ございません。できるだけ更新して参ります!

さて、11月末に小学生低学年の生徒に対して「日本の祭り」というテーマで総合学習を実施しました。

はじめに、祭りには欠かせない祭りの中で使う掛け声の「わっしょい!」「そいや!」について学習しました。

諸説はありますが、「わっしょい」には「和を背負う」という素敵な意味が実はあったりと、生徒の中からも「カッコイイ!」という声があがりました。

次に日本の祭りで関わってくる2つの大事な要素を学習しました。

「四季」と「神」についてです。

日本の祭りの大半は、神様になにかをお願いして感謝するための儀式として始まっています。

春には、豊作を願い

夏には、疫病にかからないように祈り

秋には、実りに感謝し

冬には、寒波を無事に乗り越えることができるよう神様にお願いします。

最後のアクティビティとして縁日を実際に体験しました!お店の人は我々講師陣が担当しました。

体験したのは、「わなげ」「魚釣り」「お面作り」の3競技。

ただ、体験するだけでは授業として勿体ないので先に縁日の意味として「縁を結ぶ日」ということを生徒たちには伝えました。低学年の子には少し難しい言葉だったので、「みんな仲良くしましょうね!」に言い換えて伝えました。

その成果もあってか、体験の際に高学年の子が低学年の子に順番を譲ったり、コツを一生懸命伝えようとしている姿が非常に微笑ましかったです。

ぜひ、日本に一時帰国する際にお子様と一緒に、お祭りに参加してほしいと思います!

では、年末にお腹を壊してしまった永渕でした!!

今年もよろしくお願いいたします。

永渕