自律と自立を育むシンガポールの学習塾
学習塾KOMABAシンガポール
+65 6736 0727
平日 13:00-22:30 土 9:30-19:00 日休

経験しないと分からないこともある

どうも、右手の小指からカルピスが出てくるようになれば便利になるかと思いきや、寝ている時に蟻が尋常ではなく寄ってきて、意外と大変でやっぱりいらんなと思った途端に起床しました永渕です。

子どもがノド乾いたーと寄ってきたら、さっと小指からカルピスを差し出すジェントルな先生で面白かったのですが残念です。仕方ないので普通の先生として生きていくことにします。

 

さて、今日こそは短いブログでいきます。

みなさんいろんな経験してますか?

僕は子どもの頃に色々経験したつもりではありますが、もっともっと子どもの頃に経験しておくべきだったなーと思います。

というのも、先日未明北海道で爆発事件が起きました。原因はスプレー缶120本をガス抜きして、その後に給湯器をつけたこと。

スプレー缶には確実に注意書きは書いてあるはずですし、学校でなんとなく『ガスは危険』と習っているはずです。しかし、換気もろくにしていない室内で120本もの新品のスプレー缶をガス抜きした人物や、指示した人物がいることに驚きを隠せません。

大人になって失敗すると、こうして取り返しのつかないような大きい事故を起こすこともしばしばあります。

なので今の子どもたちには、たくさん経験してもらって、たくさんやらかして、たくさん叱られてほしいです。

かくいう私も、シャーペンの芯を学校の〈自主規制〉に突っ込んだり、火花を散らして〈自主規制〉に引火させようとしたり、〈自主規制〉を起こそうとしたり、様々なことをやらかして参りました。(※絶対にマネしないでください。とても危険です。)

しかし、その度に危険だぞ!と叱られ、危険なことを学び大人になって危険なことを避けれるようになっているわけです。ここで大事なのは、実際に経験すること。そして叱られることだと思います。Youtubeで見ただけの知識を自分がさもやったようにひけらかす子にはなってほしくない、私個人の些細な願いです。

 

シンガポールにいると子どもたちは勉強や習い事に追われて、あまり何かをやらかす機会が少ないんですかね?僕の地元では息を吸うレベルで、誰かしらが何かをやらかしているイメージがあるのですが・・・。

しょうもないことをやらかして、しょうもないことで叱られる。そうやって大人に近づいていきましょう!

まだ僕は大人になりきれていないので、しょうもないことをやらかしたら皆様叱ってください!

ではまた!

永渕