自律と自立を育むシンガポールの学習塾
学習塾KOMABAシンガポール
平日 13:00-22:30 土 9:30-19:00 日休

想いをつむぐ

どうも、彼女がいることが盛大に世にばれました(ばらしました)永渕です。

やっぱシンガポールでデートしているとダメですね。必ずどこかで見られていることが分かりました。

そして説明会で暴露したことが生徒に完璧に伝わってることが分かりました。おかげでめちゃくちゃいじられますが、家族の仲の良さを再確認できたということで良しとしましょう!

あとここで記しておきますが、日本とシンガポールの遠距離恋愛ですので彼女は基本シンガポールにいませんからね!週末に遭遇することを期待しても無理ですよ!宜しくお願い致します(?)

 

さて、今回のブログはよく書くシリーズの「嬉しいこと」です。今回は貰って嬉しいものに関して。

やっぱり嬉しかったり、幸せになったのならば、その気持ちをお裾分けした方がいいと思うのです。幸せに溢れれば、世界がハッピーになりますからね!(単純にこんなに素敵な生徒がいますよ!という自慢でもあります←)

ということで聞いてください。

 


~~永渕がもらって嬉しいもの~~

永渕がもらって嬉しいもの、それは「手紙」です。

どうなんでしょう、これは僕だけではなく結構教育系の職業に就いている人は特に手紙を貰うと嬉しいんじゃないかなと思います。

私たちは時には、叱責したり注意したりする必要がある職業です。

だから嫌われたり、陰口を言われたりなどすることもあるでしょう。

ただ、少なくともKOMABAの先生で「この生徒嫌いだから」とか「こいつうざいし鬱陶しいから」というマインドで怒っている先生は1人もいないと断言できます。

それに例え「今」嫌われたとしても、「いつか」その注意したことがその子に役立てるのならば、そっちの方がいいですよね。

過去には「絶対この子に嫌われてるわ」と思っていた生徒から、お別れの際に感謝の念が綴られた長文の手紙を貰い号泣したことなんかもあったりなかったり・・・。

 

という経緯もあり、貰った手紙は基本1つ残らず取っているのですが、最近ある生徒から連続でお手紙を頂いていたのでさらっと紹介(自慢)しようかなと思います。

それがこちら!!

いやー、もうね・・・

「想いをつむぎ、伝えることが、こんなにも素敵」なことなんだなと改めて気づかされました。

そんな機会を与えてくれたこの子に感謝感謝です。

内容自体は特別なことではないのに、手紙に直筆で綴ると文字に色がついたように鮮やかに輝きますね。疲れてるときややさぐれてるときにこの手紙を読んで頑張ることにします。(※この手紙を読んで、涙ぐんだのは永遠に秘密です。)

反抗期の生徒諸君もお母さんやお父さんに感謝の念を込めて手紙なんか書いてみると、晩御飯が豪勢になるかもしれませんよ?

 

 


という感じで、永渕にしては珍しくセンチメンタルモードなブログでした。

 

あえて何度も書きますが、「手紙」っていいですね。

リアルな気持ちを言霊として発することは必要だと再認識です。

がさつな私ですが、たまには想いをつむいでみようかなー・・・なんて。いうても

とりあえず睡眠が最近足りていなかったので今日は寝ます!!以上永渕の

うれしいことシリーズでしたー。

つぎのブログあたりで

むちゃくちゃなブログでも書こうかな・・・、無茶苦茶言うてもちゃんと

ギリギリなラインを狙いますけどね!お楽しみに!※そのときの気分で内容は変更になる事が度々御座います。ご容赦下さい。

 

ではまた!

永渕