自律と自立を育むシンガポールの学習塾
学習塾KOMABAシンガポール
+65 6736 0727
平日 13:00-22:30 土 9:30-19:00 日休

本当にあった怖い話

どうも、永渕です!

本日から通常授業が再開しましたね。

久しぶりに会う子なんかもいて、テンションがあがりますね!!若い子風に言うとテン上げです!!宿題してきてなかったらそのテンションがあらぬ方向に振れてしまうかもしれませんが・・・、

まだ帰ってきていない生徒もいますので、来週元気な姿でお会いできること楽しみにしております。早く全員揃わないかなー。

そして、1か月ぶりに会っただけなのに、大きくなっている生徒とかもいて子どもの成長の速さに驚かされました。

ちなみに永渕も今回の一時帰国で3kg成長して参りました←

このたるんだわがままボディーを夏までにバキバキにすることが目標です・・・。

みなさんの応援お待ちしております!

 


さて、本日は今回の帰国で怖い目に遭遇したので・・・、その話を綴ろうと思います。

幽霊系の話ではなく、人って怖いなという話です・・・、個人的には結構怖かったので

怖い話が苦手な人はターンライトしてください。

 

 

 

心の準備はよろしいでしょうか?

では参ります。

ことは西暦2019年3月23日、博多バスセンターでおこりました。

その時私は高速バスで福岡→広島に行こうとバスターミナルで待っていたのですが、

突然襲う腹痛ッッッ!!!

・・・、トイレを探そうと永渕は立ち上がりました。

案内板を見ると、トイレは各階に備え付けてある様子。

とりあえずそのときいた4階のトイレに向かいます。

到着。

しかし、神は私を見放しました。

そのトイレには小便器が2個、大便器が2個しかなく、なおかつ5人ぐらい行列に並んでいたのです。

『God is not with me...』

そう呟く私のお腹ははち切れ寸前・・・、苦悶の表情だったことでしょう。

そこで待っていても仕方ないので、急いで5階のトイレに向かいます。

『運命よ、そこをどけ俺が通る!(訳:トイレ空いててください、本当にお願いします。)

とぼそぼそ呟きながら向かったのですが、またもや満員!!

ただ、不運の中にも優しい女神はいたのか、行列はありませんでした。

ということで、そこのトイレが空くのを待つことに。

~3分後~

永渕の顔色がまむらさきに差し掛かったころ、

個室トイレの扉が『かちゃっ』と音を立てて開き、20代の男が出てきました。

心の中で歓喜の叫び声をあげつつ、個室の中に入ろうとしたところ・・・、

 

 

便座の上がう〇こまみれでした。

 

 

本当に比喩表現でもなんでもなく、う〇こまみれだったんです。

しかも乗ってるだけとかではなく、完全に塗りたくられているんです。

元々白い便座の白い部分がほぼ見えないぐらいに。

その惨状を見た私の便意は完全に引っ込みました。さっきまでお外に出たがりはち切れんばかりだったのに。

そしてそんなところで、用を足すのはまっぴらごめんだったので踵を返し他のトイレに向かおうとしたところ・・、

 

 

その個室からでてきた男の人が僕のことをじっと見つめているではありませんか。

 

怖いことが大好きで、お化け屋敷とか爆笑しながらクリアーする私でもさすがにこの時はびくっとしました。

せっかくの日本で厄介毎に巻き込まれるのはごめんなので、とりあえずその場は駆け足でスルー。

 

 

その後15分死闘を繰り広げた腹痛とは他の階のトイレでさよならバイバイすることに。

さよならバイバイしているときに、果たして彼(う〇こまん)の目的は何だったんだろう・・、と思いを巡らせてみたりもしましたが、まあ分かるわけもありません。

もう少しでバスの時間だったので、少し急いでトイレからでると、

 

 

トイレの出口を出たところに、その男がまた立っているではありませんか。

 

しかもトイレから出てきた私のことをじーーーーっと見ているのです。

 

 

え、?つ、つ、つつけられてた???

この時は動揺が隠せませんでした。

でも日本旅行の出鼻をこんなう〇こまんにくじかれてたまるか!!と強い信念のもと、その場を足早に立ち去りバス乗り場の前のベンチに向かいます。

そしてベンチに座ってスマホをいじりながら、バスが来るのを待っていると・・・、

 

 

はい、きました、三回目のう〇こまん。

 

今回は完全にトイレから後をつけられてましたね。知ってた。

もうここまで来ると永渕も開き直って、「よし、我慢比べだ。」と心の中で思ってました。

座って携帯をいじる永渕 

                  vs 

立って凝視してくるう〇こまん

結局3分ぐらいお互いにその場を動かなかったのですが、謎に中国の方が周りに集まり写真を取り出したこともあり、う〇こまんも多少焦ったのか、「ちっ」と舌打ちをして群衆の中へ消えていきました。

※大げさにしすぎたイメージ図

~fin~


いやー、どうだったでしょう。

これを経験した本人は普通に怖かったです。結局なにもされていないわけですけども。

彼の目的はなんだったんでしょうね。

というかどうやって便器にう〇こを塗りたくったんでしょうね。めっちゃ気になる。

 

そして言葉だけでは分かりにくいと思ったので、再現CGメーカーというアプリで再現してみました。

授業とかでも使いやすそうなアプリなので活用していこうと思います。

普通にいじってて面白かったので皆様もお暇なときによければぜひ!

ではまた!

永渕