自律と自立を育むシンガポールの学習塾
学習塾KOMABAシンガポール
+65 6736 0727
平日 13:00-22:30 土 9:30-19:00 日休

奇跡の料理

どうも、実に2週間ぶりの永渕です。

先日こんな広告を見かけました。

中々に面白い広告ですね。

手作りTシャツであろうTシャツには、「燃やせ!熱い塊!」の文字が。恐らく「魂」と書きたかったのでしょうが、誤って「塊」と書いてしまったんでしょうね。Tシャツ屋も気づいてあげて。

そして右上には、「恥、書いてますよ。」のコメント。いやー、うまい!!「掻いてますよ」ではなく、「(Tシャツに)書いてますよ」てことですね。

そして右下に「気づかない人は漢検。」で締めくくり。

煽りとしても美しいし、ちょっと漢字勉強しようかなて気持ちも湧きますよね。この広告考えた人は天才だなー、こういうクリエイティブな思考できる人ってすごいなーと憧れますね。

 


 

てれれっててっててって♪

てれれっててっててって♪

てれれっててっててって!て!て!てっ!♪

(3分クッキングのテーマソング)

 

どうも、奇跡の料理人永渕です。

(※なにが奇跡なのかは後々分かるので、スルーしておいてください。)

みなさん、料理していますか?

かくいう私は、シンガポールにきての4年間、一度も包丁を握ったことがありませんでした。

 

・・・べ、べ、別に料理できないわけではないんですよ?ガーナにいたころは、1から料理作ってましたし。ちなみに得意料理は、牛丼とチキン南蛮です。

そんな私が先日誕生日プレゼントとして、生徒から「トマトジュース」と「牛乳」を先日頂きました。誕生日プレゼントを頂けることは、ただただ光栄で身に余る思いなのですが・・・、「トマトジュース」??????????

 

悪魔の果実

 

上記のブログにも書いていますが・・・、トマトを憎んでやまない私がトマトジュースなんて飲めるわけがありません!!!!!

・・・しかし折角愛する生徒からもらった誕生日プレゼントを・・・気持ちを・・・、無下にするわけにはいきません。(葛藤)

 

そこで永渕は考えました。

そのままは絶対飲めない。

じゃあ料理にしてしまおう!

 

・・・ということで永渕の4年ぶりの料理が決まりました。

Google先生に「トマトジュース 牛乳 料理」で聞いたところ、トマトクリームシチューがでてきたのでそれを作ることにしました。

 

~永渕による、奇跡のトマトクリームシチューお料理講座~

1.材料は愛と信頼のドンキで買い揃えます。

牛乳、玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、なめたけ、鶏肉で20ドルかかりました。

20ドルあったら、日本食屋で美味しいトンカツ食べれるぞという思考もよぎりましたが、これもトマトジュースを有難く頂くため・・・、唇を噛み締めて我慢します。

 

2.材料を適当に切りそろえます。

このとき私は、「ピーラー」というものに感動しました。

なぜならガーナにはこんな便利なものなかったからです・・・。(号泣)

 

3.フライパンにぶち込み焼きます。

じゅんじゅわーーーーーーー。

 

4.とろみをつけるために片栗粉を投入します。

天津飯も得意料理なので、ダマなんて作ることなくできるっしょ!

・・・と思ってたら、ダマだらけになりました。

 

5.ここで誕生日プレゼントとして貰ったトマトジュースと牛乳を投入!!!

盛大に牛乳をこぼしました。

 

6.あとは10分ぐらい煮込んで・・・、

 

7.完成!!!!!

永渕特製のトマトクリームシチューです!!(馬鹿正直にレシピ通りに作ってしまったので2人前)

のりは私自身の顔を表すためにのせました。そっくり。

 

8.実食!!

さて、いよいよ実食タイムです。

いざ!

ぱくっ!

・・・もぐもぐもぐ。

!!!!!

味が・・・、、、、、、、、

ない!?!?!?!?

調味料として、コンソメ、胡椒、塩も入れたのになぜか"無味"でした・・・。

奇跡としか言いようがありませんね。

料理は足し算というよくわからん名言は完全に嘘であると永渕が証明して、奇跡の料理人となった深夜2時でした・・・。

(※味が無いながらもちゃんと2人前スタッフ(自分)が全て完食しました。)

(※無味のごはんを食べたい方居ましたら、永渕まで!)

(※シチューになめたけは有り得ないぐらいあわなかったです。)

 


ちなみに、この翌日もなぜか料理しました。

チキンの照り焼きを作ったのですが、しっかり味もついて美味しくできました。

日本のかけるだけの調味料は最強ですね!

・・・最強ですが、やっぱりしばらくは料理は辞めときます!

なぜなら!

シンガポールは!

外食した方が!!

安上り!!

ではまた!

永渕